社交ダンスで新たな出会いと発見

こんにちは。40代、女性、ユリです。 皆様は社交ダンスと言うとどのようなイメージをお持ちですか? 私は少し前までは、お金持ちの人がする習い事だと思っていました。 ところが40代半ばを過ぎ、色々な習い事をしてきた中で、 何故、社交ダンスが入っていなかったのか?と疑問に思うようになりました。

それは、映画『Shall we dance?』でもあるように、 こんなに堂々と、異性と接近して、息を合わせられ、恋に落ちてしまうかもしれない習い事はあまりないと思うからです。 ダンスと言う名の競技と捉えれば、習い事として、 異性と手を握り、腰に手を回し、くるくる回してもらえるのです。 運動が苦手な方でも、衣装に興味があればキラキラの派手な物を着て楽しめますし、 スリットが入った物を選んで、高いヒールを履けば、あとはリードしてもらうだけです。 男性も、タキシードに身を包み、是非、女性をリードしてあげてくださいね!

ところで、社交ダンスにはどのような種類があるのかを調べてみました。 大きく分けると「モダンダンス」と「ラテンアメリカダンス」の2種だそうです。

「モダンダンス」がスタンダードで、「モダン」ということもあります。 5つの種類があり、 ワルツ(三拍子のゆっくりした音楽で大きく優雅に回転します) タンゴ(アルゼンチン発祥でシャープなスッテップが基本です) スローフォックストロット(四拍子のゆっくりした音楽で滑らかに踊ります。リズミカルなボディスイングが特徴です) クイックステップ(スピード感のあるステップが特徴です。優雅さも求められカップルのコンビネーションが必要になります) ヴェニーズワルツ(三拍子のワルツですがリズムがとても早いのが特徴です。4つのステップが決められています。映画で見るシーンはこれが多いそうです)

「ラテンアメリカ」には聞き馴染みのあるチャチャチャ、サンバ、ルンバ、パソドブレ、ジャイブが入ります。 これだけの種類があり、とても難しいように感じられますが、曲調に合わせて、ステップを踏み、 学生時代のキャンプファイヤーでダンスをしたときのように、ドキドキしながら手をつなぎ、 呼吸を合わせて、恋に落ちるような感覚を味わってみてはいかがでしょうか?

心まで踊るような感覚を味わってみてくださいね!

決まりがないのがダンスのポイント

フォークダンスは簡単というつもりはありませんが、これはだいたい曲にあわせて次どういったステップというのが決まって進行します。なので女性も男性もそれを覚え踊ってみれば、だれでも安心して踊れます。そして、基本的に次ぎどう踊っていくか全くきまってなくて、そこが社交ダンスの特徴です。

“決まりがないのがダンスのポイント” の続きを読む

ダンスがうまくなればとくできる

社交ダンスは2020年東京オリンピックの種目に名乗り上げたといったニュースもあります。そして、社交ダンスをしてみたいといった方も増えているはずです。社交ダンスは姿勢から始まって、私は仕事がデスクワークで猫背ですが、はじめ先生から直されました。そして半年経過するうち背中が伸びて歩く姿変わりました。いまわざと猫背にするとしんどくのばしたくなります。

“ダンスがうまくなればとくできる” の続きを読む

社交ダンス・競技ダンスに挑戦する人が増えている

ここ最近、社交ダンス、競技ダンスはますます競技人口が増えていますよね。それは、テレビ番組で放送され、お笑い芸人のキンタローさんやフワちゃんが始めたということも影響していると思います。

“社交ダンス・競技ダンスに挑戦する人が増えている” の続きを読む

ダンスで目標ができる

社交ダンスを習う目的があれば、モチベーションはアップします。そして、何となくはじめ、なんとなく続ければモチベーション下がる時期が早く来ます。せっかく習い、ちょっとずつ上達していても、テクニックが上がってるのにやめてしまうのはもったいありません。

“ダンスで目標ができる” の続きを読む

競技ダンスでペアを組むこと

団体レッスンは月5千円程度ですが、個人レッスンは最低月1万円以上はかかります。私が通っていたところはお中元などで先生にお礼金渡す習慣ありました。そして、徐々に高額なディナーパーティーに誘われたりしました。メダルテスト、デモに出るようになれば次々お金出ていきます。

“競技ダンスでペアを組むこと” の続きを読む

メリットが盛りだくさんの社交ダンスをはじめよう!

社交ダンスの思い浮かぶイメージとしては、きらびやかな綺麗な衣装をまとって中高年の方が趣味でやっているというものと想像される方が多いかもしれません。

社交ダンスは、年齢や性別問わずメリットがたくさんあります。

“メリットが盛りだくさんの社交ダンスをはじめよう!” の続きを読む