社交ダンスの始まりは民衆の踊り

社交ダンスは今では50カ国以上の国々で踊られています。人々に愛されている社交ダンス。その起源も民衆の踊りだったとご存知ですか?

社交ダンスというと、宮廷との結びつきを連想する人が少なくありません。いわゆる社交ダンスの始まりはヨーロッパの宮廷舞踊とされています。しかし、王侯貴族の踊りが民衆に広がって社交ダンスになったわけではありません。その逆です。民衆の踊りが王侯貴族に広がっていったのです。

王侯貴族に広がっていった踊りが何だったのかについては2つの説があります。1つは「ヴォルト」が始まりとする説です。ヴォルトはプロヴァンス地方で踊られていた踊りです。もう1つは「レントラー」が始まりとする説です。レントラーは南ドイツからオーストリアにかけて民衆に踊られていた踊りです。

いずれの説をとるにしても、民衆が好んで踊る踊りに王侯貴族が注目して、宮廷舞踊に取り入れていきました。12世紀のことです。その頃の踊りは男女が向かい合って組む形のものではありませんでした。12世紀に王侯貴族が踊るようになったのは、お互いの周りを踊るスタイルでした。

ラウンドダンスがヨーロッパ各地で流行したのはルネサンスの頃です。ホールドしないラウンドダンスは長く続きました。エリザベス1世の頃も、まだラウンドダンスが踊られていました。カップルダンスが登場するのはその後です。

最初に登場したカップルダンスは「ラ・ボルタ」です。ラ・ボルタはカップルが互いの身体を接触させて踊るスタイルです。現在の社交ダンスのような、一組の男女が向かい合ってクロースホールドで踊るスタイルが登場したのは18世紀の後半です。クロースホールドで踊る形式へ変化した段階が、一般的に社交ダンスの誕生とされています。

最初に誕生した社交ダンスはウィンナワルツでした。これには男女の抱擁が含まれるため、宗教関係者や年配者から反発がありました。そのため、たびたび禁止されています。しかし、若者を中心に人気となりました。そして、典礼儀式の機会に従来の宮廷舞踊とともに取り入れられるようになりました。

社交ダンスを踊るときに、社交ダンスの歴史に思いを馳せてみるのもいいかもしれませんね。

競技ダンスの魅力とは?ダンス歴10年の経験者が教えます

競技ダンスをやってみたいけど2人で踊るって難しくない?楽しくできるのかな?と思っていますか? 競技ダンスは間違いなく「楽しい」です。

私は大学から競技ダンスにのめりこみ、社会人になっても続け、トータルで10年間熱中しました。そんな私が競技ダンスの魅力をご紹介したいと思います。

競技ダンスの面白さは、なんと言っても「2人で踊ること」です。 男女が一体感をもって踊ることが何よりも楽しく、その一体感(ワンピースと言います)が評価される競技。初心者同志で組んでも、すぐにワンピースで踊れるわけではもちろんありません。ですが、最初は先生が一から丁寧に教えてくれますし、自分のダンスに合わせてくれますからスムースに行きます。

ところが先生以外の人と踊ると「なんじゃこりゃ?」と思うほどうまくいかないんですね。ですが、ここがまた面白いんです。いかに二人の息を合わせ、音楽に対してタイミングを合わせ、動きの方向性を合わせていくか。ここが競技ダンスの醍醐味と言えるでしょう。時には意見が衝突したり、どうしてもうまくいかずにケンカになることもあります。ですが、それを一つ一つ乗り越えていくことで自分たちのダンスが表現できるようになっていく過程は、「快感」の一言です。

競技ダンスは子供から大人まで楽しめますが、ダンスに味がでるのはやはり成人以降のように思います。音楽への表現の仕方や優雅さといった、「経験」が積み上がってできるふくよかなダンスには、若さや体力がものをいう若者には出せないオーラがあります。

競技ダンスの評価は、「エレガント」「ダイナミック」「チャーミング」など、点数にするには難しい「アート」の部分もあります。審査員の好みにも左右されるスポーツです。ですがその分、自分達が表現したいものを昇華させることができます。そしてそれが審査員の評価につながらなくても、観客を大いに感動させることだってできるのです。

フィギュアスケートを見ていて、自分が「ものすごく素敵だった!」と思った選手の点数がイマイチ伸びなかったという経験がありませんか? 競技ダンスにも似たようなところがあります。もちろん、スポーツという側面がある以上は、どの選手も「勝つ」ことにこだわりをもって練習に励みますが、自分達のダンスができた!という満足感は、審査員の評価以上に満足があるものでもあるんですよ。

競技ダンスについて、「なんだか難しそう」と感じてしまいましたか? 大丈夫です。その難しさが快感に変わるのが競技ダンスの魅力なのです。あなたも一度競技ダンスの世界に踏みこめば、私が言っていたことがわかるでしょう。さぁ、あなたも魅惑の競技ダンスの世界へ。

社交ダンスで新たな出会いと発見

こんにちは。40代、女性、ユリです。 皆様は社交ダンスと言うとどのようなイメージをお持ちですか? 私は少し前までは、お金持ちの人がする習い事だと思っていました。 ところが40代半ばを過ぎ、色々な習い事をしてきた中で、 何故、社交ダンスが入っていなかったのか?と疑問に思うようになりました。

それは、映画『Shall we dance?』でもあるように、 こんなに堂々と、異性と接近して、息を合わせられ、恋に落ちてしまうかもしれない習い事はあまりないと思うからです。 ダンスと言う名の競技と捉えれば、習い事として、 異性と手を握り、腰に手を回し、くるくる回してもらえるのです。 運動が苦手な方でも、衣装に興味があればキラキラの派手な物を着て楽しめますし、 スリットが入った物を選んで、高いヒールを履けば、あとはリードしてもらうだけです。 男性も、タキシードに身を包み、是非、女性をリードしてあげてくださいね!

ところで、社交ダンスにはどのような種類があるのかを調べてみました。 大きく分けると「モダンダンス」と「ラテンアメリカダンス」の2種だそうです。

「モダンダンス」がスタンダードで、「モダン」ということもあります。 5つの種類があり、 ワルツ(三拍子のゆっくりした音楽で大きく優雅に回転します) タンゴ(アルゼンチン発祥でシャープなスッテップが基本です) スローフォックストロット(四拍子のゆっくりした音楽で滑らかに踊ります。リズミカルなボディスイングが特徴です) クイックステップ(スピード感のあるステップが特徴です。優雅さも求められカップルのコンビネーションが必要になります) ヴェニーズワルツ(三拍子のワルツですがリズムがとても早いのが特徴です。4つのステップが決められています。映画で見るシーンはこれが多いそうです)

「ラテンアメリカ」には聞き馴染みのあるチャチャチャ、サンバ、ルンバ、パソドブレ、ジャイブが入ります。 これだけの種類があり、とても難しいように感じられますが、曲調に合わせて、ステップを踏み、 学生時代のキャンプファイヤーでダンスをしたときのように、ドキドキしながら手をつなぎ、 呼吸を合わせて、恋に落ちるような感覚を味わってみてはいかがでしょうか?

心まで踊るような感覚を味わってみてくださいね!

決まりがないのがダンスのポイント

フォークダンスは簡単というつもりはありませんが、これはだいたい曲にあわせて次どういったステップというのが決まって進行します。なので女性も男性もそれを覚え踊ってみれば、だれでも安心して踊れます。そして、基本的に次ぎどう踊っていくか全くきまってなくて、そこが社交ダンスの特徴です。

“決まりがないのがダンスのポイント” の続きを読む

ダンスがうまくなればとくできる

社交ダンスは2020年東京オリンピックの種目に名乗り上げたといったニュースもあります。そして、社交ダンスをしてみたいといった方も増えているはずです。社交ダンスは姿勢から始まって、私は仕事がデスクワークで猫背ですが、はじめ先生から直されました。そして半年経過するうち背中が伸びて歩く姿変わりました。いまわざと猫背にするとしんどくのばしたくなります。

“ダンスがうまくなればとくできる” の続きを読む

社交ダンス・競技ダンスに挑戦する人が増えている

ここ最近、社交ダンス、競技ダンスはますます競技人口が増えていますよね。それは、テレビ番組で放送され、お笑い芸人のキンタローさんやフワちゃんが始めたということも影響していると思います。

“社交ダンス・競技ダンスに挑戦する人が増えている” の続きを読む

ダンスで目標ができる

社交ダンスを習う目的があれば、モチベーションはアップします。そして、何となくはじめ、なんとなく続ければモチベーション下がる時期が早く来ます。せっかく習い、ちょっとずつ上達していても、テクニックが上がってるのにやめてしまうのはもったいありません。

“ダンスで目標ができる” の続きを読む

競技ダンスでペアを組むこと

団体レッスンは月5千円程度ですが、個人レッスンは最低月1万円以上はかかります。私が通っていたところはお中元などで先生にお礼金渡す習慣ありました。そして、徐々に高額なディナーパーティーに誘われたりしました。メダルテスト、デモに出るようになれば次々お金出ていきます。

“競技ダンスでペアを組むこと” の続きを読む