守らないと嫌われる事も!社交ダンスをする時のマナーは?

社交ダンスを始めると姿勢が良くなる、鈍くなった動きを改善する事が出来るなどのメリットがあります。最近では社交ダンスブームが起こりつつあり始める人も増えてきています。しかし社交ダンスをする時は守る必要があるマナーがあるのでしっかり把握しておかなければいけません。そこでどのようなマナーがあるのか確認しておきましょう。


■異性でペアを組んで踊る

男性同士、女性同士など同性でペアを組んで社交ダンスをしている人を少なからず見かけます。悪い事をしているわけではないので言わない人も多いですが、社交ダンスは基本的に異性でペアを組んで行うのがマナーとなっています。同性でペアを組んでしまうとマナー違反になってしまうので注意しましょう。

■初めてペアを組む時は基本ステップで行う

社交ダンスに慣れている人は難しいステップで踊る人も多いです。しかし初めてペアを組む時に相手が初心者というケースも少なくありません。そのような時でも難しいステップで踊ってしまうと相手はついていけないのでペアとして上手くいかない事が多いです。初めてペアを組む時はお互いがどのぐらいのレベルにあるのかを確認する必要があるので最初は基本ステップで行うのがマナーとなっています。自分はレベルが高い場合でも相手の事も考えてあげるようにしましょう。

■上から目線にならない

これは男性に多い傾向ですが、社交ダンスの経験が豊富で踊りが優れていると他の人の教えたいという気持ちが強くなってしまいます。それでペアを組んだ女性に対して上から目線で接してしまうケースも少なくありません。しかし社交ダンスは楽しむ場なので上から目線で接してしまうとペアを組んだ女性が気分を悪くしてしまいます。社交ダンスをする時はみんな同じ立場として接するようにするのもマナーの一つなので踊りが優れていても上から目線にならないようにしましょう。

■まとめ

社交ダンスをする時に守る必要があるマナーは
・異性でペアを組んで踊る
・初めてペアを組む時は基本ステップで行う
・上から目線にならない
の3点が挙げられます。しっかり守れば楽しむ事が出来るので心掛けるようにしましょう。また社交ダンスは異性とペアを組んで踊るので身だしなみもしっかりしておくようにしましょう。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です